施設紹介:たんぽぽの家

障がい者支援施設 たんぽぽの家

障がいを持つ仲間たちが、たんぽぽのわた毛のようにフワフワと社会の中へ飛んでいき、明るい花を咲かせてほしい。そんな思いを込めて開設された「たんぽぽの家」は、相模福祉村最初の施設。障がい者の方に入所していただき、入浴、排泄、食事などの介助や、就労支援、機能訓練、健康管理などのサービスを提供しています。地域社会参加の機会を積極的に作るとともに、明るく健やかで自立した生活が送れるよう支援します。

施設情報

  1. 施設入所
    当施設への入所支援利用できる方は、障がい支援区分4以上、または50歳以上の方で3以上の方。ご利用者個々の意思と人格を尊重し、常にご利用者の立場にたって支援サービスを提供します。ご利用者が地域において自立した生活を営むことを目的に、地域や家庭との結びつきを重視した日常生活を支援。その結果、これまでに多くの方が相模福祉村グループホームへ移行されています。
  2. 生活介護
    「生活介護」は、障がいの程度が重い方や高齢の方を中心としたサービスです。能力の維持、継続のための訓練を行います。具体的には、入浴・排泄・食事介助などのADL(日常生活動作)面における支援が中心です。
  3. 短期入所/日中一時支援
    ご家族の介護・療育の負担軽減や疾病・冠婚葬祭・出産・事故・火災等の「社会的理由」、リフレッシュ休息等の「私的理由(レスパイト)」を目的に、障がいのある方の宿泊または一時的なお預かりをします。ご利用期間中は、個々のニーズに沿った生活を送っていただけるよう、サービス提供を行います。ご希望に応じて、短期入所の利用を通じてアセスメントを行い、施設入所やグループホームへの利用も相談させていただきます。
  4. 相談支援
    たんぽぽの家では、地域の障がい者等の意向に基づく地域生活を実現するために必要なサービスの総合的かつ適切な利用を支援しています。“いつでも誰でも相談をお受けします”をキャッチフレーズに、制度の説明やサービス利用計画の作成、各関係機関との連絡調整など、相談支援専門員が対応させていただきます。

施設情報

事業所名
障がい者支援施設 たんぽぽの家
たんぽぽの家 日中サービス わたげ
構造規模
鉄筋コンクリート造 地下1階つき3階建
事業内容
たんぽぽの家
・施設入所・生活介護・短期入所・相談支援・日中短期入所
たんぽぽの家 日中サービス わたげ
・生活介護
定員
たんぽぽの家
・施設入所 100名
・生活介護 140名
・短期入所 15名
・日中短期入所15名
・相談支援
たんぽぽの家 日中サービス わたげ
・生活介護 39名
施設長
赤間 源太郎
電話番号
042-761-7788
FAX
042-763-3318
Eメール
tanpoponoie@fukushimura.or.jp
所在地
〒252-0244 神奈川県相模原市中央区田名6769番地2 Google map
開所
1983年4月

施設採用情報 たんぽぽの家

採用情報はこちら